トップメッセージ

「Change SWCC」の精神を浸透させ、構造改革と新事業分野開拓を推進してまいります。

「Change SWCC」を通して信頼される企業グループへ

取締役社長 長谷川 隆代

「昭和電線グループは、信頼の輪を広げます」の経営理念のもと、1936年の創業以来電線ケーブルを中心とした製品を世の中に送り出してまいりました。この中で培ってきた素材や設計開発はさまざまな製品に形を変え、インフラ、通信、免制震、車、家電など社会のさまざまな分野でみなさまにお使いいただいております。

昨年、当社グループはガバナンス体制を大きく変更し、事業セグメントを「エネルギー?インフラ」「通信?産業用デバイス」「電装?コンポーネンツ」「新規事業」に分け、関連会社の再編などを通して経営の効率化と経営資源の有効活用を目指した企業づくりを推進してまいりました。また、信頼される製品、サービスで社会を支え人々の暮らしに貢献する会社であり続けることを当社グループのミッションとし、さらに力強い企業グループとなるため中期経営計画「Change SWCC2022」およびVISION2026の最終年度目標を見直しました。基本方針である1.基盤事業の収益力強化、2.新規事業の創出、3.海外事業の新展開、を中心にますますみなさまの生活の安心、安全、快適さを支える製品を生み出し、確かな品質とともにお届けすることのできる私たちでありたいと思っております。

これからも変革を推し進め、ステークホルダーのみなさまをはじめ、広く社会から信頼され、社会の持続可能な発展に貢献できるよう、グループ一丸となって取り組んでまいります。今後もいっそうのご支援、お引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。

昭和電線ホールディングス株式会社
代表取締役社長?取締役会議長
グループCEO
長谷川 隆代

香蕉视频在线精品视频/成年美女黄网站色大全/99re热这里有精品首页/成年黄页网站大全免费